北海道オホーツク起業・集客・法務研究会

荻原 敏

自己紹介

北海道北見市の行政書士荻原です。 オホーツク地方での ・会社設立・身近な法律に関する疑問、悩み ・インターネットを活用する低予算での集客など 何でもご相談下さい。
☎0157-57-3980
初回相談料は無料です!
▼事務所ホームページ
オホーツク・北見・網走 行政書士荻原事務所

北海道オホーツウ起業・集客研究会

荻原敏のフィード購読はこちら



オホーツク・北見・網走 行政書士荻原事務所

北見・網走・遠軽町・斜里町などの地域での以下の業務のことなら何でもご相談ください。(初回相談は無料です)
・法人設立(株式会社、合同会社、NPO法人など)
・各種契約書の作成(売買、請負、贈与、賃貸借など)、内容証明書、各種議事録の作成
・遺言書、相続手続き、成年後見制度
・家系図の作成
TEL 0157-57-3980
▼事務所ホームページ
オホーツク・北見・網走 行政書士荻原事務所

事業協同組合とは!


Share on Facebook

本日は事業協同組合について投稿したいと思います。
 
起業と言えば先ず会社の設立を考える人は多いですが、事業協同組合の設立を検討する人は少ないと思います。
しかし、起業してからあまり間をおかずに仲間と協同組合を設立すれば、一人で行うよりビジネスが安定し発展する可能性が増えます。
また、既に事業を行っている場合は、事業拡大の窓口として協同組合の設立を検討することもできます。
しかも、NPO法人と同様に設立の費用がかかりません。
 
株式会社が「営利を目的とした法人」であるのに対して、事業協同組合は助け合いの精神(相互扶助の精神)に基づいて協同で事業を行う法人です。そして、経営の近代化・ 合理化と経済的地位の向上・改善を図る事を目的とします。
 
事業協同組合と聞くと古めかしいと感じるかもしれません。確かに今までは同業者による寄り合いのイメージが強かったです。
しかし、最近では、異なる業種の事業者が連携してこの事業協同組合を設立するケースも増えています。そして、各々の組合員が蓄えた技術、経営のノウハウ等の経営資源を出し合って新技術・新製品開発、新分野事業・新市場開拓等をめざしています。
 
設立には最低4名以上が必要で、NPO法人の10名以上より少ないですが、但し事業者でなくてはなりません。
また、設立には手間と時間がかかり、設立に必要な書類の量も株式会社の5倍 NPO法人の2倍必要です。
 
次回は、この協同組合のメリット、デメリットについて解説したいと思います。
 
本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

  • 2012年09月29日 |
  • 起業 |
Share on Facebook


こちらも合わせてお読みください

2012年07月09日 農業法人とは
2012年09月29日 事業協同組合とは!

荻原敏のフィード購読はこちら



.

ogiwarasatoshi

最新記事一覧

カテゴリー

アーカイブ